スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

変わっていく病院 

はい。今日は縫い物ネタではありません。

私の職場が変わっていくので少しお話を。


わが町は田舎です。病院が職場なのですが

来年3月からサテライト化ということで隣りの市(少し大きめな市)の病院にドクターを多く置き、うちの病院の小児科は日中外来のみになると。

つまり

その病院に行くまで車で30分かかる片田舎で夜中熱出したりけいれんを起こしたりしてもその病院まで行くしかない。

入院しようものなら子だくさんの家庭の母親は付き添いと他の子の世話で何回も行き来。車がない、運転出来ない家庭はタクシー(片道5000円)またはバスで(片道40分、たしか一時間に一本有るか無いか)

全国的にこうして医者を一か所に集めていく体制らしいですけど、こんな片田舎でもこうされるとつらい物があります。

とはいえ小児科医は過労死するほど人員が不足。(実際うちの病院にいた医者が他の所でお亡くなりに)きつい小児科医にはなりたくないという学生。
問題はいろいろですが。

…私はどうなるんだろ。クビか?

皆さんの家の近くには小児科はありますか?
スポンサーサイト
[ 2006/08/28 07:09 ] 未分類 | TB(0)| CM(4)
こんばんは。
子供って夜になるほど熱を出すような気がするので、夜見ていただける病院が遠いと困ります。
入院施設のない小児科は、家の近くに3つほどあるのですが、入院・夜間診療となると一軒だけです。
その病院が日中外来だけになるとしたら不安です。

ところで、小児科医がそんなに過酷だというのは知りませんでした。
やはり入院施設のある病院のドクターが過労になるのかな?
[ 2006/08/28 21:40 ] おけや [ 編集 ]
医者不足でそろそろ増やすらしいと聞きました。
小児科医になる人がうんと増えるといいですよね・・・。

うちのまわりに小児科ってあったかしら?
うーん すぐ近くの脳神経外科はどんどん大きく立派に建て増しされていっておりますが。まわりは歯医者ばっかりです。

それにしても片道40分でタクシーだと5000円って!よけいに少子化に拍車がかかるようなことやめてくださいって思いますね。そして今育っている子供たちのことを行政ももっと考えてくれないとー!!ぼのさんもそこだと通えないですものね・・・。
[ 2006/08/29 11:25 ] hime* [ 編集 ]
おけやさんこんにちは^^
そう。ウチもたいがい夜になってから発熱です。自律神経の関係で夜に出ることが多いのだそうです。そして朝は下がっていて、油断すると保育所から電話が(汗)

田舎だけど、比較的環境に恵まれているところだけがとりえだったのに。
育てにくい世の中になってきました・・。

小児科医の過労についておそらく原因は

・産婦人科があり、出産のある病院(夜中だって赤子は待っちゃくれませんから。元々リスクも高いことだし必ずといってよいほど小児科医がスタンバってます。)

・当直医が子供を診れない。(夜中呼び出す。そして満足に睡眠を取れないままその日も働く)

・新生児などが重症な場合はDrが24時間付きっ切りなことがある。

・仕事だからといって絶対に救急外来にしかつれてこない親がいる。
(病院側は満足な薬も出せませんよ?だって夜間は薬剤師がいないところが多いから。そしてDrは今日も寝不足)

とりあえづ・・こんなことが原因かな?

反論がある方もいらっしゃるかと思いますが。

[ 2006/08/30 12:24 ] ぼの [ 編集 ]
hime*さんこんにちは^^
上の人たちはあまり子供を育てたことが無いお方ばかりな様ですね。上にいけば行くほど、現場の声は遠くなりにけり。どの組織においてもありがちですね。

そう、この通院費。
一応年末調整だったか?申請すれば戻ってくるということですが、自家用車なんだからガソリン代の算出だって結構めんどくさい(^^;)
でも負けじと申請すればいくらか返ってくるけど、結局は微々たる物。
タクシーは領収書。自家用車ならガソリンのレシートのうちの何キロ走った分が通院代になるかまで把握しなきゃなりませんよね?・・きっと。

生むことばかり強調したってだめです。育てるところまできちんと考えて欲しいものですね。
共働きで頑張って稼いで税金納めてるんだからさぁ?
[ 2006/08/30 12:34 ] ぼの [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
足跡の数

bloglist

遊ぶ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。